甘夏マーマレード



亡き父の生家で採れる甘夏で作ったマーマレードです。
ずっと以前、父の知り合いの食品メーカーの社長に食べていただいて、怒られた記憶があります。
私は甘夏の実のふくろを剥いて捨ててしまいますが、ふくろは天然のペクチンだそうです。
捨てるのは蔕(へた)と種だけ。
ふくろを圧力鍋で煮て、どろどろになったものを裏ごしして加えたこともありましたが…。
家で食べるにはこれでもいいかなあと、あいかわらず、ふくろは捨てて作っています。

おやつのマフィン



ここ数日は雨続き、おまけに今日はとても寒い1日でした。
買い物にでるのもおっくうなので、せめておやつでも作りましょう。
バナナとサワークリームのマフィンとラズベリーチョコレートのマフィン。
冷凍のラズベリーを使ったので味はいまいちですが、ラズベリーの酸味とチョコレートの相性は最高です。

ラズベリー、日本で買うとすごく酸っぱくて、生で食べる感じではないのですが、
去年の夏、サンフランシスコ郊外のファーマーズマーケットで買って食べたものは、甘すぎず酸っぱすぎず、
ほろほろと柔らかくて、しあわせなおいしさでした。

備蓄小麦粉のパン



食品庫にイーグルを発見しました、普段購入することのない強力粉です。
昨年の大震災直後、略奪にあったようにスーパーからものがなくなった時購入した備蓄小麦粉。
当然、賞味期限切れです。
ひさしぶりにドライイーストを使ってパンを焼きました。
切れ込みにバターをたっぷり載せてバターブレッド。
天然酵母パンのようなもっちり感はありませんが、ふつうにいただけました。
新鮮なイーグルを使ったら、味がちがうのでしょうか。

St.Valentine's Day


CIMG6251_convert_20120214121101.jpg

さて、バレンタイン・ディです。
さて、という書き出しで乗り気でないことがばれてしまいそうです。
かつて、パッケージの仕事をしていたことがあり、この時ばかりとバレンタイン企画ものを作らされていた
記憶がよみがえり、純粋にバレンタイン・ディを楽しむことができません。

チョコレートブラウニーというものを初めて作りました。
ラズベリーピュレが売り切れで、代わりのパッションフルーツのピュレを使ってみました。
香りと酸味は悪くないと思いますが、焼き過ぎたようで、しっとり感がたりません。
ごめんね、我が家の男子たち。
もうちょっと研究したいと思います。

むうは撮影中に匂いを嗅いで、帰りました…。


レーズンいっぱいパン

CIMG6042_convert_20120104202903.jpg
CIMG6046_convert_20120104202932.jpg

もう20年、毎年クリスマスシーズンに焼いているブラック・バンズ。
小麦粉250gに対して、ドライフルーツ、ナッツは300g以上、生のショウガとスパイスが香る、ずっしりと重いパンです。
レーズンとカラントで真っ黒になるのが名前の由来の様ですが、私は色々なレーズンとベリーを加えています。
今年は年が明けてからになってしまいましたが、もともとは公現祭(クリスマスから12日目の夜)に食卓に
出されるということなので、よいのかも知れません。
息子が大好きな『レーズンいっぱいパン』です。


新しいオーブン♪



オーブンを買い替えました。
扉のフレームが割れてしまい、ときどき使用不可になるのを工夫して使っていました。

最初に焼いたのは、ラズベリーとチョコレートのマフィン。
火加減が弱い気がして、機械がかわると慣れるまでに時間がかかるのかなと、ちょっと不安だったのですが…。
いつものパンを焼いたら、通常の温度と時間で焼き上がりました。

今日のパンはアプリコットとクランベリーとオレンジピール。



TORAYA CAFE あんぺースト

CIMG1115_convert_20111113123832.jpg
CIMG1117_convert_20111113123900.jpg

TORAYA CAFE の あんペーストをいただきました。

一緒にいただいたフォンダンショコラが、濃厚なチョコレートのなかにさらっとした餡を感じ、とても美味。
このあんペーストも期待大で、是非もちきびパンといっしょに食べたいと思い…、やっと焼きました。
とろっとしたこしあんペースト、黒糖のこっくりした甘さに、メイプルシロップ独特の樹液っぽい?後味も、
とてもいい感じです。

表参道ヒルズがオープンしたとき、ふうんと思った TORAYA CAFE ですが、一度も足を踏み入れたことは
ありませんでした。
老舗、頑張っているのですね。
是非、行ってみたいと思います。




ハイカロリーなお菓子


CIMG0548_convert_20111015153839.jpg

この夏、息子とふたりでサンフランシスコへ遊びに行ってきました。
FOSTER CITY というサンフランシスコ郊外の閑静な住宅地で、
シリコンバレーにお勤めの方々が、多く住んでいる街だそうです。
息子の保育園時代のともだち家族が暮らしています。

サンフランシスコで買ったウォールナッツとハチミツを使ってなにか、と作ってみました。
エンガーディナ。
レシピはCOOK PADで見つけたものです。
キャラメルクリームが足らなかったようで、フィリングの部分、かなり隙が空いてしまいました。
もう少しキャラメルを焦がして、苦めのほうがおいしいと思うし、生地ももう少し固めが好き。
かなり改良の余地ありですが、このハイカロリーなお菓子を何度も作って食べたら、
どんなことになるか…。

パンを焼く


CIMG0438_convert_20111015163145.jpg

4年ほど前から、朝食に食べるパンを焼いています。
ホシノ天然酵母とはるゆたかを使って、手捏ね、ガスオーブンで焼き上げます。
発酵は室温なので、1次発酵にかかる時間は今の季節で4時間、冬は8時間ほど。
でも、時間をかけて発酵した冬のパンは格別です。
はやく、涼しくなってほしい。

昨日のパンは無花果と胡桃。
切れ込みに、オイルをたらすのを忘れてしまいました。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。