カブトムシ



息子は、毎年どこかからカブトムシの幼虫をいただいて育てています。
今年は静岡の家の畑、堆肥の中にいた幼虫13匹。
カブトムシは4匹で、小ぶりのものはコガネムシに変身中です。
カブトムシは、みな成虫になりましたが、2匹が羽化に失敗して鞘羽がありません。
それでも死んでしまうわけではなく、昆虫ゼリーを食べ、動き回っています。

写真は、息子が2年生のときの夏休みの工作です。
紙粘土で作ったカブトムシやクワガタに色を塗り、腹側に磁石を付けたものです。
図巻を見ながら虫を作っていたときは、ちょっとどうかな?と思いましたが、数で勝負。
たくさんいるだけで、なんとなく楽しい気がします。




『徳多朗』のしあわせなランチ


CIMG7116_convert_20120629175316.jpg

今月はいろいろな用事がかさなり、縫うことどころか家事もおざなりの月となりました。

普段『家で作る食事がいちばん』という生活をしているので、あまり外食をすることはありません。
今月は出かける用事が多く、必然的に外食が多かったのですが、提供される食べ物の味はそこそこという感じで
おいしい!と思うことはなかなかありませんでした。

たまプラーザの『徳多朗』というパン屋さんでランチをいただきました。
和風だしのトマトスープと自家製ラグーとごぼうとモッツァレラとゴルゴンゾーラのパニーニ。
『徳多朗』のスープとパンは、ほんとうに、しあわせなおいしさで、日本人の味覚って捨てたものじゃないと
感動してしまいました。
『作りたい私』はその場で、パンといっしょにレシピ本を購入。
思いがけず、サインまでいただけてしまいました。
こんなにおいしいパンとスープ、家で作ることができたら最高だと思います。












パンツを履いたどんぐり


IMG_0011_convert_20120613105004.jpg


防災ずきん袋・息子用。
入学前に、入学準備品として小学校からのおたよりを参考に作ったものが、使い勝手が悪いようで、作り
直したものです。

アップリケは、宮沢賢治・作『どんぐりと山ねこ』のどんぐり、高畑純さんの絵を参考に。
わたしはずっと『どんぐりは帽子を被っている』と思っていたので、この『パンツを履いたどんぐり』には
カルチャーショックを受けました。
病みつきになり、生活のあちらこちらに、このどんぐりが登場しています。




石塚智之さんの猫Tシャツ


CIMG7009_convert_20120523104121.jpg

石塚智之さんが描く、墨画の猫Tシャツ。
猫への思いあふれる、猫好きにはたまらない絵です。

以前から息子に着せたいなあと思いながら、こどもが汚してしまうにはもったいない。
100cmくらいのサイズなら思い出に残しておくのもいいなと思うのですが、もうそんなサイズではないし。
息子も5年生になり、あまりかわらないサイズになってしまいました。
そんな訳で、今年は私が着て来年は息子にと思い購入したのですが、やっぱり息子が着た方が似合います。

たとう紙に包んでくださいますが、これも手描きです。
Tシャツは息子に譲って、わたしはたとう紙で我慢しましょうか…。


『トマトさん』の給食袋

CIMG6793_convert_20120514083644.jpg
CIMG6794_convert_20120514083739.jpg
CIMG6804_convert_20120514083813.jpg

息子の通っていた保育園は歴史が長いこともあり、大きな木に囲まれた園庭と蔵書がすばらしい園です。
毎月、各学年の部屋や園庭の木の下のウッドデッキに、先生方が『なかよし文庫』から選んだ、季節感の
ある絵本が並びます。
こどもたちは、読み聞かせはもちろん自分たちで手に取り、本に囲まれた日々を過ごします。
その中で出会った『トマトさん』は、私の大好きな絵本です。
『トマトさん』の給食袋、息子が1年生のときに作りました。

先週、息子から衝撃のひとこと、『みんな、僕の給食袋を気持ち悪いっていうんだ。』
『トマトさん』知らないのと聞くと、『誰も知らないよ、あ、6年生にひとり知ってる子がいたかな。』
『あんまりみんなに気持ち悪いって言われるから、違うのを作ってって言いたかったんだ。』

『トマトさん』、みんながそんなに知らないなんて、びっくりです。
息子が4年間我慢していたことは、ちょっと可哀想でしたが…、それ以上にびっくりな出来事でした。

ユニクロをアレンジ


CIMG6591_convert_20120412175332.jpg

ユニクロのネットショップセールで買った、スウェットフルジップパーカ・息子用。
思ったよりずっと薄くてペラペラな感じですが、夏に向かっての羽織ものは薄くていいのかもしれません。
でも何か…何か…ということで、手を加えてみました。
フードにハトメを打ち、コードストッパーを付けた紐を通し、胸と背にフロッキープリントをつけました。
薄手のパーカはフードがだらっとしがちですが、紐を入れれば締まります。

材料費を加えてまだ定価以下と喜んで、ふと我に帰って、これに意味があるのでしょうか???




新しい自転車


CIMG6581_convert_20120412171646.jpg

身長145cm弱の息子ですが、つい最近まで20インチの自転車に乗っていました。
『逆上がりができたら新しい自転車を買ってあげる』という約束だったのですが、なかなか…。
晴れて26インチの自転車を手に入れた息子、桜並木を走ります。

写真を見て『なんかすごい色合わせだね』と言ったら、『僕はそんなこと気にならない』そうです。

無印良品のお買い得品



先日、息子と一緒に、無印良品へ収納用のポリプロピレンケースを買いに行きました。
帰りがけ、息子に『何かお菓子ほしいものある?』と聞いたら、しばらく店内を物色して持って来たのがこれ、
『自分でつくるトリュフ入りプチマフィン』バレンタインデーの残りもののようです。
定価¥683のものが¥200のお買い得品ですが、賞味期限切れではありません。
トリュフを作って、それを入れてマフィンを焼く、ちょっと手のかかるものですが、息子とふたりで分担作業。
ガスオーブンの火力が強すぎたようで、噴火状態ですが、『おいしいね』と言って食べました。
¥200で楽しめる、とてもお得な『息子の春休みお菓子教室』でした。


歳相応…の悩みどころ



風邪を引いてしまい、そのうえに微妙なお歳頃?による体調不良もかさなり、休眠状態でおりました。

大奮発で買った、AGNONAのアルパカ混シャギー生地、裁断が終わりました。
生地の裁断は、失敗が許されない緊張の時です。
フード付きのケープ、ただ生地を纏っただけのようなフォークロアっぽいものが作りたいのですが、
ラフに仕上げるか、裏地をつけてきっちりと仕上げるか、悩みどころです。

歳をとっても、好みはあまり変わらないのですが、素材と仕立ては歳相応なものを求めてしまいます。
でも、きっちり仕上げたら、おかしなものになってしまいそうな気もして…。





おいしい干し芋



静岡在住の叔父が育てたお芋で、叔母が作った干し芋。
さつまいもの種類なのか、蒸し加減なのか、干しかげんなのか、絶品です。
たかが干し芋と思うかもしれませんが、侮れません。
おいしい干し芋ってなかなか見つからないし、見つかってもけっこうなお値段です。

叔父と叔母に感謝しながら、いただきます。
ちなみに、息子も私も、右側の細い丸干しのお芋のほうが好きです。

あけましておめでとうございます。

年賀裏nezz猫_convert_20120101233559

あけまして おめでとうございます。

昨年は、念願のブログを開くことができて、私にとってとても意義のある年になりました。
何かを作って、それを載せる、ちょっと息切れぎみですが、少しづつでも続けていければと思っています。
ご注文で作るもの、家族のもの、自分のもの、1点ものがほとんどですが、ご興味あるものがございましたら
コメント欄からお問い合わせください。

今年も、あれこれ思いながら、『好きなもの』を作っていきたいと思います。
よろしくお願いいたします。




息子のクリスマスケーキ



今年のクリスマスは、どうしても仕上げたいものがあってケーキを作る時間がありませんでした。
写真は息子がデコレーションしたクリスマスケーキ。
TOPSのチョコレートケーキに、いちごとバルコニーのアイビーとアラザン、チョコレートプレートときのこは
富沢で買ったものがありました。
ちょっとわかりづらいですが、イチゴのサンタの顔が『ぐりとぐら』、ジンジャーブレッドの残り物です。

ゆるさがカワイイ、クリスマスケーキです。



焼くだけクロワッサン



OSCAR MONDO ミニ クロワッサンです。
冷凍のままオーブンペーパーを敷いた天板に並べて約30分。
少し柔らかくなったところで、180℃のオーブンで25分焼くだけです。
焼きたてのクロワッサン、休日の朝食にはいいですね。
紅玉のりんごジャムと一緒にいただきました。


Advents Kalender



今日から12月、今年も最後の月になってしまいました。

息子に頼まれていたアドヴェントカレンダー。
今日は広尾まで出かける用事があったので、NIKI TIKIに寄って購入しました。
窓や扉を開くと、グリム童話のシーンが出てくるようです。
奇抜さはありませんが、どんな絵があらわれるのか楽しみです。

これは『七羽のからす』でしょうか。


IKEA のクリスマスツリー

CIMG1152_convert_20111116140753.jpg
CIMG1161_convert_20111116140826.jpg

IKEA にクリスマスツリーを買いに行ってきました。
3年ぶりだと思います。

息子が生まれてから、クリスマスツリーを飾るようになりました。
根付の樅やドイツトウヒを買って飾っていましたが、マンションのバルコニーでは、きれいな形に育ちません。
でも、作り物のツリーはいやだなと思っていたところに、IKEAのツリーを知りました。
年々購入が大変になっているようで、ここ数年はあきらめていましたが、鉢植のツリーも枯れてしまいました。
クリスマスツリーのない家にサンタさんは来てくれるのかしら? 来てくれなかったら息子が可哀想だなあと思い、久々に行ってまいりました。
今年のツリー、サイズも大きいですし、形も悪くないと思います。

プロフィールのむうの写真、3年前、ツリーを剪定してリースを作ろうと思っていたら、リース台にむうが
入ってしまったものです。
今年も入るかなと思って置いてみましたが、入りませんでした。
大人になってしまったのですね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。