革について


IMG_0076_convert_20111015163008.jpg
IMG_0042_convert_20111015163029.jpg

3年ほど前、一枚の生地と出会いました。
黒基調の電車柄、バッグ用の1パネル。
これを裏地にしてバッグを作りたい、本を参考に、裏地のサイズに合わせて
できあがったものが上の写真です。
肌色の豚革で、会心の出来と思ったのですが、非常にシミになりやすい革で、
雨も汗もすべてシミになってしまいました。
汚れも味かなあと思いましたが、裏地の質の良さとのバランスがとれず、持ち歩く
気持ちになれませんでした。

今春、一大決心で作り直したのが下の写真。
焦茶の牛クロム革、大きさ・デザインはそのままです。
なかなか思うような革に出会えず、テクスチャーは以前の豚革のほうが好みです。
でも、雨の日でも気にせず持ち歩けますので、道具としては正解だと思います。



スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。