カブトムシ



息子は、毎年どこかからカブトムシの幼虫をいただいて育てています。
今年は静岡の家の畑、堆肥の中にいた幼虫13匹。
カブトムシは4匹で、小ぶりのものはコガネムシに変身中です。
カブトムシは、みな成虫になりましたが、2匹が羽化に失敗して鞘羽がありません。
それでも死んでしまうわけではなく、昆虫ゼリーを食べ、動き回っています。

写真は、息子が2年生のときの夏休みの工作です。
紙粘土で作ったカブトムシやクワガタに色を塗り、腹側に磁石を付けたものです。
図巻を見ながら虫を作っていたときは、ちょっとどうかな?と思いましたが、数で勝負。
たくさんいるだけで、なんとなく楽しい気がします。




スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。