『地のし』の重要性

IMG_0051_convert_20111215221846.jpg

IKEAの生地、大胆な柄とリーズナブルなお値段が魅力的です。
その上、幅が150cmあるので、大物を作るときに利用していますが、注意しなければならない点がひとつ
あります。
写真のコンフォーターカバーとピローケース、洗濯後、長さが10%くらい縮んでしまいました。
シングルの掛けふとんサイズは幅150cm・長さ200cmですが、洗濯後、カバーの長さは約180cmに
なってしまい、ふとんが、カバーの中でつま先を丸めているような感じです。
基本的にはカーテン用の生地として販売されているもので、ドライクリーニングの表示があるのだと思います。

洋服を作るときには、必ず、洗濯を想定した『地のし』をしています。
普段着のカットソー生地は洗濯機で20分くらい洗いをかけ、ウールは霧吹きで水を吹き、ビニール袋に入れて
しばらく放置します。

大きな生地の地のしは大変ですが、これからは必ずと肝に命じます。





スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。