甘夏マーマレード



亡き父の生家で採れる甘夏で作ったマーマレードです。
ずっと以前、父の知り合いの食品メーカーの社長に食べていただいて、怒られた記憶があります。
私は甘夏の実のふくろを剥いて捨ててしまいますが、ふくろは天然のペクチンだそうです。
捨てるのは蔕(へた)と種だけ。
ふくろを圧力鍋で煮て、どろどろになったものを裏ごしして加えたこともありましたが…。
家で食べるにはこれでもいいかなあと、あいかわらず、ふくろは捨てて作っています。

スポンサーサイト

襟もとのバランス

CIMG6427_convert_20120324221447.jpg
CIMG6430_convert_20120324221510.jpg

ごくふつうのオフホワイトのTシャツ。
身頃は細めで身頃も袖も長め、生地は薄手のウールジャージーです。
よく使うこのパターンは、気に入った市販のTシャツの襟ぐりだけを変えて、おこしたものです。
どうということのないクルーネックでも、体型や年齢に合った開きのバランスで、きれいに見えると思います。
衿のようなものは、あまり布で作りました。
もう少しゆったり作りたかったのですが、生地が足りなくて残念。

スカートは先日実家でみつけたもので、25年以上前のものだと思います。
とても気に入っていたスカート、同じ形のものを作りたくなりました。


家庭科用エプロン


CIMG6416_convert_20120320142935.jpg

2週間ほど前、息子が寝る前になって『あっ、明日エプロンがいるんだ、エプロンある?』と。
エプロンを使う習慣がないので、息子のものはおろか、私のものすらガーデニング用しかありません。
慌てて生地をさがしたら、息子の通学用のものを作った残りがありました。
とりあえずエプロン部分を作って間に合わせ、後日アップリケとポケットをつけて仕上げました。
前日になってと腹がたちましたが、5年生になると家庭科の授業がはじまるので、いづれは作る必要の
あったもののようです。

アップリケは、キッチン用品なども考えたのですが、女の子っぽくなってしまいそうなので『むう』。



過去に作ったもの 7


IMG_0102_convert_20120317184634.jpg

『過去に作ったもの』もできるだけ季節にあったものをアップしたいと思います。

息子の保育園バッグ。
息子が、年長の1年間だけお世話になった保育園で使った、園バッグです。
今も、息子の部屋に掛かっています。
年長は『エルマーとりゅう』のクラスだったので、そのアップリケと、卒園生の父母のかたが描かれた、園舎の
イラストをバックステッチで刺繍しました。

保育園でやること、保育園にあるもの、すべてが本気の保育園で、息子も親もとても濃い時間を過ごしました。
園バッグとはいえ、こちらも本気で作った思い出深いものです。




過去に作ったもの 6



母に作ったバッグです。
過去に作ったもの4・ グリーンの刺繍生地のトートバッグをとても気に入って、同じ型のものをということで
作りました。
MISSONIのニットのような色柄のパワーネット生地に、少しシルバーがかったグレーの牛革を合わせました。
持ち手は外付けにして、口はナチュラルな豚革。
写真がないのが残念ですが、裏地はきれいな若草色です。

同じ生地で巾着型のバッグを作り、自分でも持ち歩いています。
パワーネットという生地、名前の通り強くて軽くて、なかなか便利です。


おやつのマフィン



ここ数日は雨続き、おまけに今日はとても寒い1日でした。
買い物にでるのもおっくうなので、せめておやつでも作りましょう。
バナナとサワークリームのマフィンとラズベリーチョコレートのマフィン。
冷凍のラズベリーを使ったので味はいまいちですが、ラズベリーの酸味とチョコレートの相性は最高です。

ラズベリー、日本で買うとすごく酸っぱくて、生で食べる感じではないのですが、
去年の夏、サンフランシスコ郊外のファーマーズマーケットで買って食べたものは、甘すぎず酸っぱすぎず、
ほろほろと柔らかくて、しあわせなおいしさでした。

春先のマフラー



3月になりました。
だいぶ日は長くなってきましたが、まだ寒い日が続きそうです。
コートは手放せなくても、セーターやマフラーの色や素材で、少しだけ春の気分を楽しみたいと思います。

ウールとリネンガーゼを合わせてマフラーを作りました。
焦茶のウールガーゼ生地は、ラメ入りの糸で大きな格子、そのうえに花柄の刺繍が施されています。
合わせたリネンガーゼは縦糸が生成り、横糸がきれいな水色、近江の機元で織られたものです。

幅25cm  長さ138cm + 房(各10cm)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。