猫の仕事


CIMG0478_convert_20111015163238.jpg

洗濯物をたたみはじめると、どこからともなく『むう』が現れます。
たたんでいるトランクスの中に入り込み、しばしケリケリ。
ひとしきり蹴って気が済むと、フンッと鼻を鳴らして去っていきます。
彼にとっては、必ずやらなければならない大切な仕事なのでしょうか。

おかげで、洗濯物はいつも毛だらけです。

スポンサーサイト

豚饅の威力


CIMG0485_convert_20111015163212.jpg

大学時代の友人から、出張のおみやげに『551の豚饅』をいただきました。
『551の豚饅』は息子の大好物です。
今日はスイミングの進級テスト、景気づけに豚饅を食べさせて送りだしました。
運動が得意でない息子、度重なる進級テスト不合格に、母子の間には嵐が吹き荒れておりましたが…。

無事♬進級いたしました。
◯◯◯、おめでとう。
友人と豚饅に感謝!

夏物のかたづけ


IMG_0005_convert_20111015171445.jpg
CIMG0467_convert_20111015171508.jpg

お彼岸を過ぎたら、めっきり涼しくなりました。
衣類を入れ替える季節です。

昨年の夏があまりに暑かったので、今年は早めにサマードレスを作りました。
エアコンが好きではないので、夏は風通しのよいサマードレスが一番です。
とはいえ、出来上がったばかりのサマードレスをすぐに家着にするのは悲しいので、
まずは、お出かけに着ることにしました。
節電の夏とはいえ、電車もお店もエアコンが効いていて、羽織ものなしでは寒いです。
手持ちで合わせるものが見つからなかったので、リネンガーゼでショールを作ることに。
そんなことをしているうちに、夏は終わってしまったようです。

生地はETROの綿ローン。
色違いの端生地(40cmほど)があったので、身頃に使ってみました。
ちょっと、剣道の胴衣みたいですね。

写真後方に『むう』がいます。

パンを焼く


CIMG0438_convert_20111015163145.jpg

4年ほど前から、朝食に食べるパンを焼いています。
ホシノ天然酵母とはるゆたかを使って、手捏ね、ガスオーブンで焼き上げます。
発酵は室温なので、1次発酵にかかる時間は今の季節で4時間、冬は8時間ほど。
でも、時間をかけて発酵した冬のパンは格別です。
はやく、涼しくなってほしい。

昨日のパンは無花果と胡桃。
切れ込みに、オイルをたらすのを忘れてしまいました。

革について


IMG_0076_convert_20111015163008.jpg
IMG_0042_convert_20111015163029.jpg

3年ほど前、一枚の生地と出会いました。
黒基調の電車柄、バッグ用の1パネル。
これを裏地にしてバッグを作りたい、本を参考に、裏地のサイズに合わせて
できあがったものが上の写真です。
肌色の豚革で、会心の出来と思ったのですが、非常にシミになりやすい革で、
雨も汗もすべてシミになってしまいました。
汚れも味かなあと思いましたが、裏地の質の良さとのバランスがとれず、持ち歩く
気持ちになれませんでした。

今春、一大決心で作り直したのが下の写真。
焦茶の牛クロム革、大きさ・デザインはそのままです。
なかなか思うような革に出会えず、テクスチャーは以前の豚革のほうが好みです。
でも、雨の日でも気にせず持ち歩けますので、道具としては正解だと思います。



大好きなNORDIC


IMG_0055_convert_20111015162939.jpg

昨年の作品です。
NORDICニットのジップアップジャケット。
裏地はギンガムチェックのオーガニックコットンです。
軽くて暖か、息子用に作りました。
着ていると、ちょっと品のよい子に見えます。

色合わせがお気に入り


IMG_0015_convert_20111015162856.jpg
IMG_0016_convert_20111015162827.jpg

数年前の作品です。
お母さま用のカットソーの端生地を、お嬢さん用パーカのポケットとフード端に使いました。
マゼンダとシアンのスムースニット、ビビッドな色合わせがお気に入りです。

『ボロボロなのに、まだ着てるのよ〜』なんて言ってもらえると、最高に嬉しい。

はじめまして


IMG_0019_convert_20111015162720.jpg

ブログの看板猫『むう』です。
ブリティッシュ ショートヘア ♂ 3歳。
常に自分がマスターであることを忘れない、正当派の猫です。

噛みつき癖あり。
矯正法をご存知の方、お知らせください。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。