レーズン酵母パン

PA090033_convert_20141021095152.jpg
PA210033_convert_20141021095119.jpg

レーズン酵母を使ってのパン作りです。

参考にした本では、基本は パン ド カンパーニュからですが、
レーズン酵母パンを焼いてみたかったのは、レーズン酵母のちょっと重めの山食パンが好きなので。
バヌトンも持っていません。

最初に焼いた山食パンが多少発酵不足のためか、ちょっと重すぎる気がしたので、かなり時間を
かけて二次発酵をさせたら、よく膨らんだだけの味気のないパンになってしまいました。
下は、本の作り方をまったく無視して、ホシノ酵母で作っていたときと同じ手順、発酵も適当に
作ってみた、いつものドライフルーツを混ぜ込んだパン。
適当でもできますが、焼き上がりはホシノ酵母より重いです。

でも、天然酵母パン、パンの種類による捏ねぐあいがよくわかりません。
お教室に通えばいいのでしょうか。






スポンサーサイト

やっと日の目をみる


PA080047_convert_20141008122134.jpg

10年以上前に買った、圧縮ウールのジャケットでバッグを作りました。

気に入って買ったはずなのに、なぜか合わせ難くお蔵入りだったジャケット。
まったく着ないので捨てればいいと思いながら、まったく着ていないのでもったいない。
捨てられない人間の常ですね。

身頃をほどいて7cm幅に切り、長さが足りないところは接いで、縫い合わせました。
生地に撚れがあるので少し歪んでしまいましたが、それもまた味としましょう。
持ち手はラセッティ端革、細かいステッチで縫い付けました。

保育園のバザーで買った毛糸だま、とても似た色だったので…。



レーズン酵母 苦戦



涼しくなったらはじめようと、心待ちにしていたレーズン酵母作りですが、
思いのほか苦戦。
3回目で、やっと本のように発酵しました。

本には、室温27℃で5日ほどでできあがるとありましたが、8日かかりました。
3回とも同じレーズンを使用して、
1回目は、5日経ってもなんの変化もないので、ギブアップ。
2回目は、発酵はしているものの弱く、元だねを作ってみましたが発酵しませんでした。
3回目は、少しきび砂糖を足してみたところ、写真のように発酵しました。

ここから元種を作り、どんなパンができあがるのか、楽しみです。


猫とパンケーキ

P8080033_convert_20140808121411.jpg
P8080036_convert_20140808121441.jpg

息子のともだちの妹さんのエプロンです。
アップリケのご希望を尋ねたら、『猫がパンケーキを食べている絵でお願いします』という
お返事。
難しいご注文に一瞬血の気がひきました。

食べているところはご勘弁いただいて、『パンケーキを食べたそうに見ている猫』 で完成。
パンケーキは、バナナが丸ごと添えてある Bills にしようかと思いましたが、ここはちょっと
気合いをいれて、フルーツがたくさん載ったかわいいものを。

お気に入りいただけたようで、なによりです。
パンケーキ、焼いてくださいね。


岩地の夏休み 2014


IMG_3846_convert_20140824003600.jpg
IMG_3878_convert_20140824003624.jpg

8月11日、台風一過の、西伊豆・岩地です。
明け方家を出た頃は、まだ雨も風も強かったのですが、そのぶん渋滞もなく10時には到着。
天気は晴れて来ましたが、めずらしく波も高く、水も冷たく、まだ水の濁りもありました。
砂浜は、嬉しいくらいすいていますが、岩場の遊泳は禁止。
次の日は、波は凪ぎ、水の透明度も戻ってきましたが、午後は雨。
3日目が、いちばん天気はよかったようです。

主人の友人一家と10年以上通っているのですが、こどもたちもすっかり大きくなり、
中3と中1の大掛かりな砂遊びは、すでに土木工事です。



母のバッグ


P8070039_convert_20140808121345.jpg

日暮里で購入した革と生地で作ったトートバッグ、母用です。

母のバッグはいつも同じ形。
肩幅がないのでショルダーバッグは肩から落ちてしまう、腕に掛けることもなく、持ち手を掌で持つ。
横型は浅くて危険。
横型トートでデパートでお買い物をしていると、お店のかたに『危険ですので、ファスナーを閉じて
下さいね』と声をかけられてしまいます。

ポケットも重要で、ポケットがたくさんあると、どこに何を入れたのか捜すのにひと苦労します。
ポケットは内側に、ファスナー付きの大きめなもの、携帯用ポケットと、もう一つ。
鍵を捜す手間が省けるようにキーストラップ。

素敵なバッグはたくさんあるのですが、母にとって勝手のよいバッグが、この形なのでしょう。

梅ちりめん


P7200048_convert_20140720135008.jpg

『築地市場場内でお魚を調達して、調理する』お料理教室に参加してきました。

お魚を見て歩く途中で、おすすめの『梅ちりめん』を購入。
季節の素材12種類入りということで、左から桜えび、干小エビ、ちりめんじゃこ、梅、ひじき、
昆布、若布、野沢菜、ごま、鱈、の10種、鰹節と干し椎茸は分別できませんでした。

文句なく、すごくおいしいです。
UK出張から戻った夫と、盆踊り 於・小学校 から帰ってきた息子が、炊きたてご飯にのせて
わしわしと、しあわせを噛みしめておりました。

念願の日暮里

P6250032_convert_20140625115434.jpg
P6250035_convert_20140625115516.jpg

『日暮里に行きたい』と、ずっと思っておりました。
ネットで購入している革を、唯一在庫しているお店があるので、全色見ることができます。

日暮里は繊維街、通り中が生地屋さんです。
革を見に行ったのですが、やはり、それだけで帰ることはできませんでした。
とはいえ、初めてでは、どのお店にどんな生地があるのかさっぱり。
大きなお店は、あまりの生地の多さに圧倒されるばかりですが、やはりお値段は安いです。
いいものを見つけ出せるようになるには、しばらくは日暮里通いが必要かも知れません。

ペールグリーンに小花柄のビスコース生地、無地にしようと思いながらも、つい柄物を購入。
微妙な色合いがステキと、Vネックカーディガンに仕立てたのですが、遠目にはおばさん柄?
かなり微妙です。(すでにおばあさんですが…)
急遽、ピンストライプのリネンでワイドパンツを仕立て、合わせてひと安心しました。
ボタンは & STRIPE。

ベルトはユニクロです。




思いがけず…



息子が中学生になりました。
学校にも慣れ、楽しい毎日を過ごしているようですが、こちらはなかなか生活の変化に
順応できずにいます。
ゆっくり何かを作ったり、生地を見に行く余裕も持てません。

生地は、こんなものを作ろうとだいたいのイメージを持って購入するのですが、
その年に作りそびれてしまうと、何か違ってきてしまい、お蔵入りとなることも度々です。
この生地もそんなものの一枚で、購入したときに何を作ろうと思ったのかも覚えていません。
この迷彩色、もう着るのは難しいと思っていたのですが、仕立ててみたら思いがけず…。
花柄のパターンが際立って、なかなかきれいな迷彩シャツになりました。

こんなきっかけで、少しづつ作る時間を取り戻せるといいなと思います。








バレンタイン・デー 延期

P2140051_convert_20140214165257.jpg
P2140052_convert_20140214165337.jpg

7ヶ月ぶりのブログアップ。
受験生の母をしておりました。

お世話になった先生方に、バレンタイン・デーのお届けものをと思ったのですが…大雪です。
早い時間に届けたかったのですが、今日は15時から開塾とのこと。
乙女ならともかく、若くもない母が雪の中を届けに行っても、先生がたもちょっと引くと思いますので、
明日にしましょう。

先生方のニックネーム印のクッキーです。
ジンジャーブレッド生地にアイシング。
食べるには少し固いですが、部屋に置くととジンジャー、シナモン、クローブのいい香りがします。






ユニクロをアレンジ 2



いきなりの猛暑に、限定価格で購入した、ユニクロのノースリーブワンピースの登場。
肩に適当な幅があるので、下着を気にせず一枚で着ることができ、おまけにウエストもゆるゆる。
ニット生地もしっかりしていますし、ウエストの切替が後に下がっていくデザインも可愛らしいと思いました。
どうも気になるのが、真っ白な衿と前立て、ボタンも白。
ボーダーの白は生成りにネップ入りなので、かっちりした白のブロード生地が浮いてしまうように感じます。

ボタンを替えてみました。
家にあったオレンジ色に着色した貝ボタン、裏使いにしたので色にばらつきがあります。
サイズが小さいので、ボタンホールを詰めなければなりませんが…。

ドライイーストのパン

P6180036_convert_20130619100243.jpg

ひさしぶりに、インスタントドライイーストを使ってパンを焼いてみました。
ライ麦を混ぜた生地に、くるみ、クランベリー、オレンジピール。

ライ麦に水を含ませて冷蔵庫で一晩おき、それを強力粉に混ぜて、普通に捏ねて発酵させます。
インスタントドライイーストは発酵時間が短いので楽ですが、天然酵母パンのもっちり感に慣れてしまうと、
なにか物足りないような気がします。

洗濯物の上で寝る


P6190047_convert_20130619100206.jpg

洗濯物をたたんでいると必ず邪魔をしにくる『むう』ですが、
今日は、たたんだ洗濯物の上で寝たい気分のようです。
それも、ふた山続きで。


リネンガーゼの羽織もの



ノースリーブワンピースの羽織りものにと、リネンガーゼ生地で作りました。
丈が長すぎたのか、ワンピースよりパンツのほうが合いそうです。

リネンガーゼは着ているうちに繊維が毛羽立ち、織り目がつまったような感じに、風合いがでてきます。
仕上げたばかりで、よく見るとあちこちに青いチャコペンの印が残っていますので、一度洗いをかけよう
と思います。
柔軟剤を入れて洗えばふうわりと仕上がりますが、実は、麻本来の吸湿性や繊維の強さは失われてしまう
そうです。


息子の携帯電話ケース 2


P6060043_convert_20130606164326.jpg

更年期症状のひとつなのでしょうか、たびたび手の関節が痛くなります。
軽い腱鞘炎のような痛さで、手を使わなければ少しも痛くはありませんが、無意識に庇っているのか
力が入りません。
家事をしないわけにはいきませんので、自ずと料理以外の作りものから手が遠のいていました。

久びさの縫いものは、息子の携帯電話ケースです。
通学用の紺の生地で作ったので、息子にはちょっと…という感じですが、とりあえず。
今まで使っていたものが、あまりにぼろぼろで、可哀想なので。

久しぶりの縫い物は、やっぱり楽しいです♡
むうのアップリケ、鼻が大きすぎました。ひげも多すぎる。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。